ホソミモータース

自分の練習記録やレース結果のレポートのほか、整備記録等。何かご参考になれば幸いです。jugemから移転してきました。

全日本エンデューロ選手権 第1戦 広島大会

今期の開幕戦、広島大会。

国際B級、ゼッケン101で出場です。

今回はHusqvarna福岡の原田さんのご配慮もあって、メーカーテントにパドックを構えることに。


いつものチーム関西は相変わらず大所帯。
Newtonさん、テント新調されました?
今回はやっさんもチーム関西に加わります。

僕は全国転勤になっちゃったし九州に魂を売り渡してしまったのでチーム関西にはもう居られませんね〜。



レース結果は10位でした。

IBは全部で7周走しるコース設定。

オンタイムのタイム設定は
1/2周目は40分
3/4周目は35分
5/6周目は30分
7周目は25分!
最後の周はオンタイムで回れるか本当に不安でした。
コースもそれなりに厳しいのでワンミスが響くレイアウトでした。

まぁ何とかなりました。

“バイクが良いから”

よく曲がる、よく走る。

“魔法の絨毯か?”って位によく出来た車体&サスだと思う。

それでもライダーが運動音痴だから慣れるまでに時間掛かったけど。

今年のニューモデルの中で控えめに言ってもHusqvarnaはサイコーだと思う。

4st250のFEは、軽いクロモリ製の車体にWPのXplor48サスが付いてます。
その上、トラクションコントロールが付いてる。

むちゃくちゃコントロールし易いバイクです。
来年モデルは更に良い。

ハスクバーナの皆様のお陰でパドックでは余裕を持ってゆったり出来ました。

また、お世話になる時にはよろしくお願いします。








※レース中、しかもテスト区間でカメラマン??の人を轢きそうになりました。どなたか存じ上げませんが。

ジンバルの操作に夢中でバイク来てるのに気付かなかったのかな、、、。

スピードが乗る箇所でテープの内側に居るのは危険だしやめて欲しい。

カッとなって怒鳴ってしまったけど、接触&転倒してコッチも怪我したくないし、アンタだって怪我したくないっしょ。

僕の知ってるエンデューロのカメラマンの方は、自身もライダーだからその辺の配慮徹底してるよ。

怒鳴った事はごめんくさい。

帰省日記

福岡から670km、トランポにバイクを載せて帰省〜。

出生から高校卒業までの18年間暮らした地元。

「気持ちいいくらいに何もない町」ってのが売りの地元ですが、山・海・川だけはそれなりに揃ってます。

釣りとか軽登山するにはピッタリ。

しかしオフロードバイクで遊ぶには色々中途半端。

林道とか、バイクで遊べるところは都心部近郊の町に比べると全くないんだよな〜、、、。
ショップも無いし。

そもそもオフロードバイク乗ってる人なんてほぼ居ないし。



軽く林道に遊びに行く程度しか出来ないもんね。

明日はもう少し散策&開拓します。

築城エアライドパーク

行橋市の南、築上町自衛隊基地近くにある築城エアライドパークに行ってきました。

完全にモトクロスコースですね〜。
ジャンプやバンク、リズムセクションぽいのもあっていい感じのコースです。

見晴らしも良くて、走ってて気持ちいい。

「北海道かな?」って勘違いしそうになるくらい開けた土地。

エンデューロコースは残念ながら走行出来ませんでした。
近隣との調整もあり、現在閉鎖中の様です。

ミニモトコースなんかもあって、子供も楽しめますね。

トイレが無いのはご愛嬌・・・



そういえば久々に保安部品外しました。

面倒だけどキッチリやっておかないと破損するもんね〜。

トランポ床張り① ~納車から材料調達、カットまで~

f:id:mitta2017:20170402232811j:plain

3月29日、NV350(DX)納車しました!

EXパッケージってやつらしいので見た目はほぼGXグレードに近いですが、バンはバンです。

セカンドシートとか非常に残念な形状です(仕方ない)

 

 

積載性最重要視したので・・・(あと価格面)

 

4WD、ディーゼルなのでヌタヌタのモトクロスコースでも平気で走れそうです。

やっとステップワゴンをトランポとしたテトリス生活脱出です。

f:id:mitta2017:20170402233422j:plain

f:id:mitta2017:20170403091839j:plain(やれば出来る子でしたが結構他に荷物載せるとキツかったステッピー・・・4年間ありがとう)

 

 

乗用車の時は床張り等せずに使用していましたが、今度のトランポはもっと長く乗る事になりそうだし最初のうちにシッカリ床張りしておこうと決意。

 

 

で、ちゃんとしたプロの施工業者さんに任せたほうが良いのは百も承知なのですが、なんせお金がない

www.ogushow.co.jp

(夢のオグショートランポ・・・。)

オリジナルトランポ「RacingBox」|トランポ キャンピングカー 広島県

(広島のダイワカーズさんもすごーくええ感じなんですよね)

 

ベッドキットとか・・・

FWシートとか

 

金が無いと色々諦めざるを得ません(夢だけは膨らむけど)

 

 

金が無いなら知恵体力時間をかけてDo It Yourself

 

先ずは知恵がないのでネットで床張りの情報収集。

過去にDIYしてる人のブログを見てると、床張り材料の「コンパネ」の下に、コンパネが撓ったりズレたりしないように「根太(ネダ)」というモノを敷いて固定している人が多かったんですよね。

diyer.jp

(このブログも大変参考になりました・・・)

 

根太敷くスキルは・・・ない!!

 

そんな緻密な作業オイラにゃ絶対無理だ(確信)。

 

 

 

そこでチームまえのめりのissuiさんの手法を完全コピーしました。

(ホント参考になりました有難うございます!)

front-flip.blogspot.jp

front-flip.blogspot.jp

 

このブログに出てくるコンパネ素材が通称「ネダノン」。

根太が不要なんですね。

結構建築の現場では有名な素材だそうです。

 

しかし近所のホームセンターを散策しましたが見つからない。

たまたま大野城市の「ハンズマン」というホムセンに電話で問い合わせたら「在庫ありますよ!」って事で初ドライブがてらハンズマンに向かいました。

 

このホムセン、資材置き場の面積がとっても広く、無料の工作室(貸出工具も無料)があってとっても便利です。しばらく通い詰めるかも知れない。

 

資材コーナーでネダノン24mmを入手し、サービスカウンターで「ジグソー」と「ドリル」を借りて早速作業開始。

 

(写真撮ってないので手順だけ・・・)

1.トランポの床シートを外す(所要時間5分)

2.ネダノン(3枚)を並べ、上に床シートを這わせる。f:id:mitta2017:20170403000021p:plainこの上に

f:id:mitta2017:20170403000136p:plainシートを置く

3.床シートのフチに沿って工業用の罫書き(けがき)鉛筆で枠取り。

 

4.枠取りした線に沿ってジグソーで丁寧にカット(所要時間1時間)

 

5.セカンドシート取り付け穴のところをドリルで穴開けて、ジグソーでカット。

 

6.車に取り付けてみて、合わないところを微修正。

 

 

で、順調に「6」の工程までは進んだんですが、手書きの絵の上と下の板はスッポリはまったのに真ん中の板だけがハマりません。

 

原因はリアヒーターだのシートベルト取り付けボルトだのに引っかかって一枚のままだと取り付けできなかったんですよね~。

 

なのでホムセンの店員さんの「有料カットコーナー」で、板のセンターをパッツリ2分割にしてもらって真ん中だけ2枚に分けました。

 

計4枚のネダノンはこんな感じにハマりました。

f:id:mitta2017:20170403000800j:plain

f:id:mitta2017:20170403000844j:plain

床シートの形に添ってカットすれば案外綺麗に出来るもんですね!

この上にクッションシート貼ろうか悩み中ですが、今週の作業はここまで。

(もう体力的にも時間的にも限界)

 

まだ微修正も必要なので、キッチリ作りこみたいですね~。

BRP Spyder F3-S デイトナ

f:id:mitta2017:20170326103907j:plain

f:id:mitta2017:20170326103936j:plain

写真で見るより実物がスゲーかっこいい。

f:id:mitta2017:20170326104319j:plain

SWMのRS125Rに試乗してきた。

f:id:mitta2017:20170325201351j:plain

 SPEED MOTOR GARAGEさんでSWMに試乗してきました。

 イタリアンハスクそのまんまな外観です(シュラウドは変わってるけど)。

RS125Rは今月からリリースされたばかりのニューモデルです。 

 

 

お値段は車体が489,000円。

 SWMの日本公式サイトがありました。

www.swm-motorcycles.jp

1971年創業なんですね~(知らんかった)。

ヨーロッパにはホントいろんなバイクメーカーが在りますね。

 

f:id:mitta2017:20170325201732j:plain 

斜め前からのビューです。

こっちからの視点では正直なところ以前のイタリアンハスクの方が個人的には好みです。

もしかしたらイタリアンハスク時代の外装付けられるんじゃないかな~。

 

f:id:mitta2017:20170325201823j:plain

前後コンビブレーキです。

もうオフロードバイク乗り慣れてる人なら全く持って不要な機能だけど、初心者にとっては前後バランス良く制動掛けれるから良いんじゃない??

 

 

以下、乗ってみた感想です!

 

  • すんごくスムーズなフィーリングのエンジン
  • コンパクトで乗りやすい
  •  車体がシッカリしてて不安がない
  • 125だけど極低速からトルクあって乗りやすい

 

というわけで、う~ん思ってたよりバランスよくて良いなこれ!

知り合いでオフロード始めたい!新車欲しい!って言ってる人が居たら、最初のバイクにSWM勧めるかも。

 

値段も手ごろだしね~。

 

なにより国産で新車のフルサイズの125ccって無いんだもんな。

125ccだからピンクナンバーで行けるから維持費も安いし、保険もクルマの保険にファミリー特約付ければそれで問題ないしね!

林道ツーリングから始めたいって人に是非オススメだわ〜。